希望を喚起させる重要性

ITの社会で生き抜いていく一人のエンジニアとして、自分の業務によって、会社へどのように影響を与えているのかを気にしながら仕事をしているのだろうかと思います。
当然、自分の業務によって会社に良い成果を出していきたいと願い、または、その業務によって会社から有能な人材として認められたいとも願っています。
仕事をしていく上で、リスクばかりを心配するのではなく、自分がその業務を手がけることによって、成功へと発展していく希望を見出していくことが重要となるのです。

自分がIT分野において新風を巻き起こすであろう希望の星として、自分が社会に与える影響力の偉大さに惚れ込み、自信を持って情報化社会に足を踏み入れようとする方もいることでしょう。
自分がその業務に関わったからこそ、このプロジェクトは成功を収めたんだと言えるように頑張る方がいても不思議ではないと思います。
自分の存在価値が、会社にとって欠かすことの出来ないものなのだと認識させるために、人一倍の努力をしていき、独立してIT業界を代表する実業家へと変貌を遂げていった人は数知れません。

そうして成功を収めた実業家は、正に時代の半歩先を見据えた戦略でもって、多大な影響力を与えつつ世間に広く認知されるにまで至ったわけであります。
故に、半歩先を予測する先見力が彼らに備わっていたからこそ、成功者としての彼らは、後に続くIT社会に骨を埋める方たちの良き模範者となったのです。成功を収め、フリーエンジニアへと転向し、自分自身の力を試すかのように。そして、ITの世界に希望という名の影響力を与えていったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です